デザイン

スポンサーリンク
デザイナー

伊東豊雄|建築家

2013年に建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞。東京オリンピックの新国立競技場のコンペにて最終選考に残ったことでも有名。 そんな日本を代表する建築家であるが、意外なことに初めて公共建築を手がけたのは50歳を過ぎた1991年に発表された、八代市立博物館未来の森ミュージアムであった。その後は「せんだいメディアテーク」や「まつもと市民芸術館」など数々の代表作を発表するなど精力的に活動している。 2011年の震災以降は復興活動とともに、後進の指導にも力を入れている。
デザイナー

隈 研吾|建築家

2020年東京オリンピックのメイン会場である新国立競技場をはじめ、山手線の新駅、高輪ゲートウェイ、中目黒にある日本初のスターバックスロースタリーを手掛けるなど、現在日本で最も有名な建築家。木・鉄・コンクリート・石・竹や和紙など、素材の特性を徹底的に研究し、建物にアクセントとして生かす。インタビューでも、「自身の建築で最も重視しているのはマテリアルである」と話している。
デザイナー

原研哉│グラフィックデザイナー

長野オリンピック開・閉会式のプログラムをはじめ、無印良品や、蔦谷書店のアートディレクションを手掛ける現代の日本のデザインの第一人者。ジャパンハウスのプロジェクトも手掛けるなど日本文化に深く根差した仕事も数多く手掛ける。
インフォメーション

5G(第5世代移動通信システム)ができること

5Gができることについてわかりやすく説明します。5Gとは、2020年春から実用化が順次始まると言われている第5世代移動通信システム(5generation)の略称です。自動運転や、ドローンによる配送、SF映画で見るような、空間に手をかざすだけであらゆる電化製品の操作が可能になり、知りたい情報を表示させたり、3D技術の発達により、遠く離れた友人や、家族とも同じ空間にいるかのように、会話をすることが出来るようになります。 そんな近未来的な生活を、実現させるシステムとして今注目を集めています。
インフォメーション

ボラード |波止場にあるあれ

ボラードとは波止場にある、船を縄でつなぎ留める大きな塊。係柱(けいちゅう)、係船柱 繋船中(けいせんちゅう)とも呼ばれているそうです。 日本人には石原裕次郎が波止場で片足をのせているアレといったら分かる人が多いかもしれません。
ダイニング・キッチン

文化包丁│知っているようで知らないデザイン

一度は聞いたことがあると思いますがその由来を知っていますか?本日は知っているようで知らないデザイン「文化包丁」についてご紹介します。
デザイン

メキシコで親しまれているアウトドアチェア アカプルコチェア

1960年代からメキシコでアウトドアチェアとして親しまれてきた椅子をメトロクスが、日本人の体型や、ライフスタイルに合わせてリデザインされた椅子、アカプルコチェア。
インフォメーション

オーダーメイドサプリ│ヘルスサーバー

その日の体調や行動、目的に合わせて必要な栄養素を必要なだけ、抽出してくれるサプリメントサーバーが発売されました。
デザイン

落し物・忘れ物ゼロ! mamorio(マモリオ)

なくすをなくすをミッションに製品の開発やサービスを提供するIoTカンパニー「MAMORIO(株)」から発売されている紛失防止デバイスMAMORIOがとても便利です。MAMORIOは忘れ物の防止と、落し物の発見を手助けしてくれます。
デザイン

最新のいびき解消アイテム|スノアサークルEMSパッド

先日蔦屋家電の最新家電を紹介しているコーナーでスノアサークルEMSパッドといういびき軽減グッズが販売されていました。いびき発生時の「音」と「振動」によっていびきを認識し、EMS低周波によっていびきの原因である喉の筋肉に直接刺激をあたえ、いびきを軽減させるという画期的な商品。
スポンサーリンク